PCS開発チーム

フィルター
Laravel Tips bot

Use Route Model Binding to automatically resolve Eloquent models in your routes. This simplifies retrieving records and enhances code readability. For instance, instead of manually fetching a user in your controller like User::findOrFail($id), simply type-hint the model in the route's method, and Laravel automatically injects the corresponding instance.

// In your web.php or api.php
Route::get('/user/{user}', function (App\Models\User $user) {
    return $user;
});

This approach automatically handles the model lookup and 404 response if the item is not found, making your controllers cleaner and more focused on business logic.

PCS開発チーム

Laravel11への更新完了

関わってるところ全部で終わった。
なるべく減らしたり効率化してるけどそれでもまだ多い。

スリム化は

  • 歴史が浅くて小規模ならさっとスリム化しておく。
  • スリム化するのが大変そうならしない。
Laravel Tips bot

laravel/jetstream v5.0.4

https://github.com/laravel/jetstream/releases/tag/v5.0.4

このリリースノートは、Laravel Jetstreamに関連する変更を示しています。具体的には、@taylorotwell による「[5.x] Install API optionally」というプルリクエスト(https://github.com/laravel/jetstream/pull/1473)が取り消されたことを示しています。つまり、APIをオプションとしてインストールする機能が一時的に導入された後、何らかの理由でこの変更が元に戻されたことを意味します。

Laravel Tips bot

laravel/framework v11.3.1

https://github.com/laravel/framework/releases/tag/v11.3.1

  • displayName()によって設定されたジョブの名前がスケジュールによって尊重されるようになりました。(@SCIFによる貢献)
  • Testing\PendingCommand.phpConditionableトレイトが追加されました。(@tobz-nzによる貢献)
  • route:listを複数の列/要因でコンマを使用してソートできるようになりました。(@fredbradleyによる貢献)
  • BelongsToManyeachByIdchunkByIdDescが追加されました。(@lonnylotによる貢献)
Laravel Tips bot

laravel/framework v10.48.7

https://github.com/laravel/framework/releases/tag/v10.48.7

このリリースノートは、クエリビルダーのメソッドに関するさらなる修正が行われたことを示しています。これらの修正は、@taylorotwellによって実施され、GitHubのコミット(95ef230339b15321493a08327f250c0760c95376)で確認できます。

Laravel Tips bot

laravel/framework v10.48.6

https://github.com/laravel/framework/releases/tag/v10.48.6

Laravelのバージョン10.xにおいて、BelongsToMany 関連に eachByIdchunkByIdDesc が追加されました。この変更は、GitHub上の https://github.com/laravel/framework/pull/50991 で@lonnylotによって行われました。

Laravel Tips bot

laravel/jetstream v5.0.3

https://github.com/laravel/jetstream/releases/tag/v5.0.3

  • Livewireコンポーネントでの「@return void」を使用した不正確なアノテーションを修正しました。この修正は@coreymcmahonによって行われ、https://github.com/laravel/jetstream/pull/1467 で確認できます。
  • APIをオプションでインストールする機能が5.xバージョンに追加されました。この機能は@hafezdivandariによって提供され、https://github.com/laravel/jetstream/pull/1470 で確認できます。
Laravel Tips bot

laravel/laravel v11.0.6

https://github.com/laravel/laravel/releases/tag/v11.0.6

Laravel Tips bot

laravel/framework v11.3.0

https://github.com/laravel/framework/releases/tag/v11.3.0

以下は、Laravelのリリースノートの要約です:

  • Laravel 10.xでは、キューワーカーにおけるRedis接続エラーの報告の洪水を防ぐ改善が行われました。
  • Laravel 11.xでは、エラーレスポンスがキャッシュされないようにSetCacheHeadersを最適化し、セッションにhasAnyメソッドを追加しました。
  • ThrottlesExceptionsミドルウェアでスロットルされた例外を報告するオプションが追加され、DeleteWhenMissingModels属性が導入されました。
  • TrimStringsの$exceptをカスタマイズできるようになり、Contextにpullメソッドが追加されました。
  • MariaDbGrammarから冗長なコードが削除され、PHP 8.4の非推奨に対応するために明示的なnullableパラメータ宣言が追加されました。
  • キャッシュストアにセッターが追加され、Laravel 10.xではhasTableにwithSizeオプションがオプショナルで追加されました。
  • artisanコマンドで欠けている配列引数のプロンプトが修正され、Eloquentにstrict-mode安全なhasAttributeメソッドが追加されました。
  • retry関数がExceptionの代わりに"Throwable"をキャッチするようになり、NotificationFakeにserializeAndRestore()が追加されました。
  • HttpClientのリトライロジックでConnectionExceptionを処理する際のクラッシュを防ぐ改善が行われました。
  • 不明なパラメータの削除、PHPDocのタイポ修正、dockblockの修正が行われました。
  • データベースロックで時間を偽装できるようになり、Http::createPendingRequest()メソッドが導入されました。
  • いくつかのdoc blocksに@throwsが追加され、PHP_MAXPATHLENのチェックがビューのファイル存在チェックに対して修正されました。
  • BelongsToMany関係からスコープを削除できるようになり、名前付きレートリミッターとモデルプロパティが存在しない場合に例外を投げるようになりました。

これらの変更は、Laravelの機能強化、バグ修正、および最適化を目的としています。

Laravel Tips bot

laravel/framework v10.48.5

https://github.com/laravel/framework/releases/tag/v10.48.5

以下は、Laravelのリリースノートの要約です:

  1. Redis接続エラー報告の洪水をキューワーカーで防ぐ:

    • Laravel 10.xにおいて、キューワーカーでRedis接続エラーが大量に報告される問題を防ぐ改善が行われました。この変更は@kasusによって提案され、プルリクエスト#50812で実装されました。
  2. Laravel 10.xでのhasTablewithSizeオプションの追加:

    • Laravel 10.xでは、hasTableメソッドにwithSizeオプションを指定できるようになりました。これにより、テーブルが存在するかどうかをチェックする際に、テーブルのサイズもオプションで取得できるようになります。この機能は@apspanによって提案され、プルリクエスト#50888で追加されました。
  3. NotificationFakeserializeAndRestore()を追加:

    • Laravel 10.xにおいて、テスト用のNotificationFakeクラスにserializeAndRestore()メソッドが追加されました。これにより、通知のシリアライズと復元が容易になり、テストの柔軟性が向上します。この変更は@dbpolitoによって提案され、プルリクエスト#50935で実装されました。

これらの変更は、Laravel 10.xの機能強化とテストの改善に貢献しています。

Laravel Tips bot

Laravelに関するよくある質問と回答

Q: Laravelで環境変数を設定するにはどうすればよいですか?

A: Laravelで環境変数を設定するにあたっては、プロジェクトのルートにある.envファイルを編集します。このファイルでは、データベース接続情報やメールサービスの設定など、アプリケーションが実行される環境ごとに異なる可能性がある設定値を指定できます。例えば、データベースの接続情報を設定するには、次のように.envファイルを編集します。

DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=homestead
DB_USERNAME=homestead
DB_PASSWORD=secret

この操作により、アプリケーションはこれらの環境変数を利用して、指定されたデータベースに接続します。その他の環境依存の設定も同様に.envファイルで行うことが推奨されます。環境変数の値は、Laravelのconfigファイル内でenv関数を用いて取得することができます。例として、データベースの設定ファイルであるconfig/database.php内でこれを利用する場面があるでしょう。

重要なこととして、.envファイルはアプリケーションのセキュリティに直結する情報を含むため、バージョン管理システムには追加しないようにしてください(Laravelでは標準で.gitignoreに含まれています)。各開発者や本番環境では、環境に応じた設定が.envファイルを通じて行われるべきです。

Laravel Tips bot

livewire/livewire v3.4.10

https://github.com/livewire/livewire/releases/tag/v3.4.10

このリリースノートの要約は以下の通りです。

変更点

  • forms.mdactions.mdの更新、wire:navigateのバックボタン問題の修正、空の入力を扱うためのfloat synthesizerの追加など、Livewireのドキュメントと機能に多くの改善が加えられました。
  • コマンドの遅延実行化、Alpine.jsの複数インスタンスに関する警告の追加、トラブルシューティングのドキュメントページの追加など、開発者の利便性を向上させる変更が行われました。
  • Laravel 11のテストの再有効化、ファイル入力のクリア問題の修正、ナビゲート時のハッシュタグやクラスバインディングのブラウザテストの追加など、テストと互換性に関する改善が施されました。
  • イベントリスナーのリーク防止、クエリパラメータの扱い、Enum属性の扱いなど、細かなバグ修正が多数行われました。

新規コントリビューター

  • @danie-ramdhani, @lsmedia, @robert-stanciu, @buismaarten, @n1crack, @AlexandreBonaventure, @TobMoeller が初めての貢献を行いました。

このリリースでは、Livewireの機能強化、ドキュメントの改善、バグ修正、そして新規コントリビューターの参加が見られます。

Laravel Tips bot

laravel/jetstream v5.0.2

https://github.com/laravel/jetstream/releases/tag/v5.0.2

チームサポートを使用してインストールする際に、@miclausによって https://github.com/laravel/jetstream/pull/1461 でDatabaseSeederをコピーするようになりました。

Laravel Tips bot

laravel/breeze v2.0.2

https://github.com/laravel/breeze/releases/tag/v2.0.2

Laravel Breezeのバージョン2.xにおいて、@nunomaduroによるhttps://github.com/laravel/breeze/pull/377のプルリクエストで「(experimental)」ラベルが削除されました。

Laravel Tips bot

laravel/laravel v11.0.5

https://github.com/laravel/laravel/releases/tag/v11.0.5

Laravelの次のリリース(11.x)では、@philbates35によってPHPUnitのバージョン11が使用されるようになります。詳細は https://github.com/laravel/laravel/pull/6385 で確認できます。