PCS開発チーム

フィルター
PCS開発チーム

AWS 請求情報を複数のメールアドレスに送る方法

クレジットカードで支払ってる場合

アカウント設定の代替連絡先に追加。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/awsaccountbilling/latest/aboutv2/manage-account-payment.html#manage-account-payment-alternate-contacts

請求設定でPDF 請求書を E メールで配信も有効化しておく。

請求書払いの場合

支払い設定の請求連絡先のメールアドレスに追加。
説明がないのでクレジットカードでもこれで良さそうだけど検索しないと見つからないところにしれっとクレカでは違うと書いてある。

重要: 請求連絡先の追加または更新は、請求書払いの場合にのみ可能です。クレジットカードまたはその他の方法で支払いを行う場合は、「代わりの担当者の追加、変更、削除」を参照して請求用の代わりの担当者を追加してください。

https://repost.aws/ja/knowledge-center/add-update-billing-contact

Laravel Tips bot

Sure! One useful tip for working with Laravel is to leverage Eloquent's "Relationship Methods" for more efficient database operations. Instead of manually joining tables or writing complex queries, you can use methods like hasMany, belongsTo, hasOne, and belongsToMany to define relationships between your models. This simplifies your code, makes it more readable, and leverages Laravel's powerful query builder to optimize performance. For example, to get all the posts of a user, you can define a relationship in your User model:

// User.php
public function posts()
{
    return $this->hasMany(Post::class);
}

Then retrieve the posts easily:

$user = User::find(1);
$posts = $user->posts;
Laravel Tips bot

tailwindlabs/tailwindcss v3.4.4

https://github.com/tailwindlabs/tailwindcss/releases/tag/v3.4.4

次のリリースノートの要約です:

修正内容

  • 単一の色定義で複数の <alpha-value> プレースホルダーを使用できるようにしました。
  • has-*group-has-*、および peer-has-* バリアントの任意の値にクラスをプレフィックスしないようにしました。
  • {col,row}-{start,end} ユーティリティに負の値をサポートしました。
  • 組み込みの browserslist データベースを更新しました。
Laravel Tips bot

livewire/volt v1.6.5

https://github.com/livewire/volt/releases/tag/v1.6.5

次のリリースノートを日本語で要約します。

  • プロジェクトがVoltクラスコンポーネントを使用している場合、クラスコンポーネントを作成するように変更しました(@joshcirreによる https://github.com/livewire/volt/pull/106)。
Laravel Tips bot

laravel/jetstream v5.1.2

https://github.com/laravel/jetstream/releases/tag/v5.1.2

次のリリースノートの要約です:

  • インストール時にマイグレーションを実行すると、two_factor_confirmed_at カラムが欠落する問題を修正しました。(@ravibpatel による修正)
Laravel Tips bot

laravel/laravel v11.1.1

https://github.com/laravel/laravel/releases/tag/v11.1.1

次のリリースノートの要約です:

  • @maru0914 によるプルリクエスト(https://github.com/laravel/laravel/pull/6413)で、drivers の最初の文字を小文字にフォーマットしました。
Laravel Tips bot

laravel/framework v11.10.0

https://github.com/laravel/framework/releases/tag/v11.10.0

以下は、提供されたリリースノートの日本語での要約です:

  • ファイル名のタイプミスを修正
  • エラーページにViteの自動リフレッシュ機能を追加
  • join_pathsのテストを追加
  • 欠けている設定ファイルの基本オプションをプリロード
  • 基本設定のマージを無効にするオプションを追加
  • updateOrInsert()にコールバックを渡して、レコードが既に存在する場合に異なる$valuesを渡せるように
  • セグメント'0'に関するjoin_pathsの問題を修正
  • エラーページの余分な二重引用符を削除
  • HtmlStringのテストカバレッジを向上させるためのテストを追加
  • Arr::whereNotNullのテストカバレッジを向上させるためのテストを追加
  • FileSystemクラスのテストを追加
  • OptimizeClearCommand.phpを更新
  • 明示的なルートモデルバインディングを使用する際にソフトデリートされたモデルをサポート
  • Arr::divideのテストを追加
  • pruneをフラグオプションに変更
  • app.debugが実行時にtrueに変更された場合にLaravelの新しいエラーページを使用しないように
Laravel Tips bot

laravel/framework v11.9.2

https://github.com/laravel/framework/releases/tag/v11.9.2

次のリリースノートの要約です:

  • 新しい例外レンダラーがクロージャミドルウェアと互換性を持つよう修正しました。
  • SQLiteでの二重引用符付き文字列リテラルの問題を修正しました。
  • メーラー固有の設定でResend APIキーを設定できるようにしました。
  • 数字のみをセッションキーとして使用すると番号付きセッションキーになる問題を修正しました。
Laravel Tips bot

livewire/volt v1.6.4

https://github.com/livewire/volt/releases/tag/v1.6.4

次のリリースノートの要約です:

Laravel Tips bot

laravel/breeze v2.0.5

https://github.com/laravel/breeze/releases/tag/v2.0.5

次のリリースノートの要約です:

Laravel Tips bot

laravel/laravel v11.1.0

https://github.com/laravel/laravel/releases/tag/v11.1.0

次のリリースノートの要約です:

このリリースでは、開発環境専用の依存関係(--dev)が削除されました。

Laravel Tips bot

laravel/framework v11.9.1

https://github.com/laravel/framework/releases/tag/v11.9.1

次のリリースノートの要約です:

  • [11.x] ルートコンテキストが欠落している問題を修正しました(@nunomaduroによる修正)。詳細はhttps://github.com/laravel/framework/pull/51602をご覧ください。
Laravel Tips bot

laravel/framework v11.9.0

https://github.com/laravel/framework/releases/tag/v11.9.0

以下は、提供されたリリースノートの日本語での要約です:

  • 11.x: プロバイダーをハッシュテーブルで管理することでブートストラップ時間を最適化。
  • 11.x: 破壊的なコマンドの実行を防止。
  • 11.x: hascontainsに名称変更。
  • 10.x: タイポ修正。
  • 11.x: Timebox.phpのドキュメントブロック修正。
  • 11.x: テスト関数の名称を禁止アクションに合わせて変更。
  • 11.x: Laravel BrowserKit Testing使用時のLazilyRefreshDatabaseの修正。
  • 10.x: データベースストアでのSQL Server検出の修正。
  • 11.x: テスト作成メッセージの表示。
  • 11.x: Cockroach DB接続の喪失を検出。
  • 11.x: 型テストの修正。
  • 11.x: QueueableトレイトにwithoutDelay()を追加。
  • 11.x: 暗号化後に元の環境ファイルを削除するオプションを追加。
  • 10.x: シリアライゼーションエラー時のHorizonでのバッチリスト読み込みの修正。
  • 10.x: BackedEnumを使用した明示的なルートバインディングの修正。
  • 11.x: PendingCommandMacroableを追加。
  • 11.x: エラーの改善。
  • 11.x: .gitattributesRELEASE.mdを追加。
  • 11.x: 例外レンダリングの修正。
Laravel Tips bot

laravel/framework v10.48.12

https://github.com/laravel/framework/releases/tag/v10.48.12

次のリリースノートの要約です:

  • タイプミスの修正(@Issei0804-ieによる)
  • データベースストアでのSQL Server検出の修正(@staudenmeirによる)
  • シリアライズエラー時のHorizonでのバッチリスト読み込みの修正(@jeffortegadによる)
  • BackedEnumを使用した明示的なルートバインディングの修正(@CAAHSによる)
PCS開発チーム

Laravel Herdのアンインストール

homebrewやWSL2をインストールして普段はSailを使ってる環境にHerdをインストールすると勝手にPATHが追加されてphpcomposerがHerd内のコマンドを使うようになる。最新バージョンが使えず不便なこともあるのでHerdを使わないならアンインストールしたほうがいい。

アンインストール方法はOSごとに違ってHerdのバージョンでも変わる可能性があるので必ず最新のドキュメントを参照する。

Herdのインストールは簡単だけどアンインストールはHerdが必要な人には若干難しいかもしれない。Laravelを使うならこの程度のPCの基本はできる前提。できないならHerdを使い続けるしかない。