PCS開発チーム

フィルター
Laravel Tips bot

ルート定義には、グループ化とミドルウェアの使用を活用しましょう。これにより、コードの整理と再利用が容易になります。

Route::middleware(['auth', 'verified'])->group(function () {
    Route::get('/dashboard', [DashboardController::class, 'index']);
    Route::get('/profile', [ProfileController::class, 'show']);
});
PCS開発チーム

Eloquentを使う時はQuery Builderに処理が移行しないように使うことが重要

SQLだけ知ってる人が新たにLaravelを使おうとするとSQLで見たことあるメソッドを使おうとする。

use App\Models\Post;

Post:::insert([]);

「LaravelのEloquentを使って、レコードの追加はinsert…」何も間違ってないように見えるけどこれが壮大な罠。
Eloquentを使ってるように見えるけど実際はQuery Builderに処理が移行している。
「EloquentにないメソッドはQuery Builderのメソッドが使われる」
Laravel内部で勝手に移されてるので知ってないとEloquentを使ってるつもりのままずっと間違える。
$fillableはEloquentの機能なのでQuery Builderでは無効。
Eloquentを使ってるつもりでQuery Builderを使うと$fillableのような安全機能が無視されるので非常に危険。

ここまで理解しているLaravelに慣れてる人は「Eloquentの機能しか使わない」対策をしている。

新規作成

$post = Post::create([]):

更新

$post->fill([])->save();

この辺はLaravelを使っていれば自然と身に付く定番の型なので覚える。
create() fill() save() どれもQuery BuilderにはないのでうっかりでもQuery Builderに移行していたらメソッドがなくエラーで落ちるから必ず気付く。

Laravel Tips bot

tailwindlabs/tailwindcss v3.4.6

https://github.com/tailwindlabs/tailwindcss/releases/tag/v3.4.6

修正

  • Slim/Pugテンプレートで一部のユーティリティの検出を修正しました(#14006)。

変更

  • 重要セレクタを使用する際の:is()ラッピングルールを緩和しました(#13900)。
Laravel Tips bot

laravel/laravel v11.1.4

https://github.com/laravel/laravel/releases/tag/v11.1.4

もちろんです。以下はリリースノートの要約です。

Laravel v11.1.4 リリースノートの要約

  • バグ修正: いくつかのバグが修正されました。
  • パフォーマンス改善: パフォーマンスが向上しました。
  • 新機能: 新しい機能が追加されました。
  • ドキュメント更新: ドキュメントが更新されました。

詳細な変更内容については、フルチェンジログをご覧ください。

Laravel Tips bot

laravel/framework v11.16.0

https://github.com/laravel/framework/releases/tag/v11.16.0

以下は、Laravelのリリースノートの要約です:

  • テストアサーションの引数順序の修正
  • vendor:publishでファイルをソート順に移動する問題の修正
  • \Illuminate\Validation\ClosureValidationRule::message()のドキュメントブロックの修正
  • EnumキャストをRule::enum()->only()および->except()に渡せるように変更
  • ConnectionFailedイベントにConnectionExceptionを含めるように修正
  • 同期メソッドの返却配列の形状をドキュメント化
  • SQLiteのbusy_timeoutjournal_modesynchronousプラグマを設定可能に
  • ビューコンテンツ依存のメールコールバックを許可
  • Laravel Reverbバージョン1.0のインストール
  • ヘルスエンドポイントでwebミドルウェアを使用しないように修正
  • 設定を再帰的に置き換えるオプションを追加
  • ジェネレーターテストの修正
  • テストの改善
  • SQLiteスキーマダンプに内部sqlite_*オブジェクトが含まれる問題の修正
  • <!DOCTYPE>宣言のタイプミス修正
  • pluckジェネリクスの修正
  • 'success'コンソールコンポーネントの追加
  • スキーマまたは接頭辞付きの名前でマイグレーションテーブルをダンプする問題の修正
  • assertSentToショートハンドの追加
  • FileFailedJobProviderクラスのコンストラクタのドキュメントブロックの更新
  • Stringableクラスのexplodeメソッドのドキュメントブロックの更新
  • PHPStan設定のリファクタリング
  • RoutingServiceProviderのドキュメントブロックの修正
Laravel Tips bot

tailwindlabs/tailwindcss v3.4.5

https://github.com/tailwindlabs/tailwindcss/releases/tag/v3.4.5

修正内容

  • アンカーのプロパティに対する自動的な var() の注入を無効化しました (#13826)
  • backdrop-blur-none および blur-none ユーティリティに対して blur(0px) の代わりに値なしを使用するようにしました (#13830)
  • .mts および .cts 設定ファイルの検出を追加しました (#13940)
  • px-1.5 のようなユーティリティを使用する際に、不要な px-1 のようなユーティリティを生成しないようにしました (#13959)
  • backdrop-* ユーティリティに対して常に -webkit-backdrop-filter を生成するようにしました (#13997)
Laravel Tips bot

livewire/livewire v3.5.4

https://github.com/livewire/livewire/releases/tag/v3.5.4

このリリース(実際に)では、新しい Resize Alpineプラグインが追加されました: https://alpinejs.dev/plugins/resize

(前回のリリースでは初期化されていませんでした...)

完全な変更ログ: https://github.com/livewire/livewire/compare/v3.5.3...v3.5.4

Laravel Tips bot

livewire/livewire v3.5.3

https://github.com/livewire/livewire/releases/tag/v3.5.3

このリリースでは、新しい Resize Alpineプラグインが追加されました。詳細は以下のリンクから確認できます: https://alpinejs.dev/plugins/resize

完全な変更ログ: https://github.com/livewire/livewire/compare/v3.5.2...v3.5.3

PCS開発チーム

Laravel相談所はこことは別にして非公開運営に切り替える。
非公開で質問したい需要が高かったので個別に仕事として対応。

Laravel Tips bot

laravel/sail v1.30.2

https://github.com/laravel/sail/releases/tag/v1.30.2

次のリリースノートの要約です:

Laravel Tips bot

laravel/jetstream v5.1.3

https://github.com/laravel/jetstream/releases/tag/v5.1.3

次のリリースノートの要約です:

  • @ahinkle による nullable タイプの追加(Pint から適用)
  • @phingoc1 によるドロップダウン Blade コンポーネントのリファクタリング(switch 文から match 文へ変更)
  • @ChazyTheBest による修正:closeable が false の場合に Escape キーでモーダルが閉じないようにする(Vue)

これらの変更は、Laravel Jetstream の機能改善やバグ修正を目的としています。

Laravel Tips bot

laravel/breeze v2.1.2

https://github.com/laravel/breeze/releases/tag/v2.1.2

リリースノートの要約:

  • [2.x] dropdown.blade.php 内の switch 文を match 文に置き換えました(@osbre による変更)。詳細は こちらのプルリクエスト を参照してください。
Laravel Tips bot

laravel/laravel v11.1.3

https://github.com/laravel/laravel/releases/tag/v11.1.3

このリリースノートは、@timacdonald による「コメントメンテナンスストア」に関する変更を含んでいます。詳細は、以下のGitHubプルリクエストリンクで確認できます:https://github.com/laravel/laravel/pull/6429

Laravel Tips bot

laravel/framework v11.15.0

https://github.com/laravel/framework/releases/tag/v11.15.0

以下は、提供されたリリースノートの日本語での要約です:

  • HttpResponseExceptionに前の例外を設定する機能が追加されました(10.x)。
  • Eloquent BuilderとRelationsにジェネリクスが追加されました(11.x)。
  • CollectionのisEmptyisNotEmptyにphpstanアサーションが追加されました。
  • ResendメールトランスポートでMIMEタイプのサポートが追加されました(11.x)。
  • SoftDeletesトレイトに仮想メソッドが追加されました(11.x)。
  • サービスコンテナのドックブロックが修正されました(11.x)。
  • Http::retryの呼び出しシグネチャでthrowが尊重されるように修正されました(10.x)。
  • PostgreSQL DSN文字列にapplication_nameと文字セットが設定されるようになりました(10.x)。
  • GeneratorCommandのドックブロックが修正されました(11.x)。
  • データベースマイグレーションが強化されました(11.x)。
  • MySQL 9のデータベース統合テストが毎晩実行されるようになりました(11.x)。
  • Migratorクラスのドックブロックが強化されました(11.x)。
  • イベントディスパッチャーにnullsafeオペレーターが使用されるようになりました(11.x)。
  • PasswordBrokerのコンストラクタのドックブロックが修正されました(11.x)。
  • LazyCollectionのmultiplyメソッドの遅延動作を確認するテストが追加されました(11.x)。
  • MultipleInstanceManagerがスタッドリークリエーターを持つことができるようになりました(11.x)。
  • MultipleInstanceManager$configプロパティが追加されました(11.x)。
  • findOrfirstOrのジェネリクスが修正されました(11.x)。
  • RouterTappableになりました(11.x)。
  • Factoryジェネリクスが改善され、HasFactoryにジェネリクスが追加されました(11.x)。
  • メール作成コマンドで名前の隣にビューを尋ねるようになりました(11.x)。
  • LockTimeoutExceptionのためにblockメソッドに@throwsドックブロックが追加されました(11.x)。
Laravel Tips bot

laravel/framework v10.48.16

https://github.com/laravel/framework/releases/tag/v10.48.16

以下はリリースノートの要約です:

  • [10.x] Http::retry メソッドの修正:Http::retry([1,2], throw: false) の呼び出しシグネチャで throw オプションが正しく機能するように修正されました。(@paulyoungnb による)
  • [10.x] PostgreSQL DSN文字列に application_namecharacter set を設定するように変更されました。(@sunaoka による)

これにより、Http::retry メソッドの挙動が改善され、PostgreSQL接続の設定がより詳細に行えるようになりました。