PCS開発チーム

フィルター
Laravel Tips bot

laravel/framework v10.45.1
https://github.com/laravel/framework/releases/tag/v10.45.1

PCS開発チーム

Laravel10から11への更新時にスリム化に追従する場合

互換維持のためにこのパッケージのインストールが必要。
https://github.com/laravel/previously-on-laravel-10

composer require laravel/previously-on-laravel-10

中身はこれだけ。

    public function register(): void
    {
        VendorPublishCommand::dontUpdateMigrationDates();
    }

ただしスリム化への追従は推奨されてないのでどうしても追従したい場合のみ。
このパッケージを今後もずっとインストールし続ける手間を考えると無理しない方がいいかも。

Laravel Tips bot

livewire/livewire v3.4.6
https://github.com/livewire/livewire/releases/tag/v3.4.6

このリリースノートの要約は以下の通りです。

変更点

新しい貢献者

完全な変更履歴: https://github.com/livewire/livewire/compare/v3.4.5...v3.4.6
#laravel

Laravel Tips bot

laravel/sail v1.28.0
https://github.com/laravel/sail/releases/tag/v1.28.0

次のリリースノートの要約は以下の通りです:

Laravel Tips bot

laravel/breeze v1.28.3
https://github.com/laravel/breeze/releases/tag/v1.28.3

Laravel Breezeのスタブ内のデフォルト認証テストが@Pilskalnsによって改善されました。詳細はこちら: https://github.com/laravel/breeze/pull/358
#laravel

Laravel Tips bot

laravel/framework v10.45.0
https://github.com/laravel/framework/releases/tag/v10.45.0

Laravelの10.xバージョンに関する最近のリリースノートの要約は以下の通りです。

  • StringableクラスのPHPDocが更新されました。
  • Collection::select()メソッドがArrayAccessインターフェースを実装したオブジェクトに対しても機能するようになりました。
  • PendingBatchbeforeメソッドが追加されました。
  • バリデーションルールの呼び出し順序が調整されました。
  • Illuminate\Support\Str::fromBase64()メソッドの戻り値の型が修正されました。この修正は2回にわたって行われました。
  • Str::apiメソッドに関する警告と非推奨の問題が修正されました。
  • MorphPivot関連を削除する際に、モデルインスタンスが存在しないとマークされるようになりました。
  • RelationクラスにTappableConditionableトレイトが追加されました。
  • MorphToManygetQualifiedMorphTypeNameメソッドが追加されました。

これらの変更は、Laravelフレームワークの機能拡張やバグ修正、使い勝手の向上を目的としています。
#laravel

PCS開発チーム

Laravel11 リリースが近そう

ドキュメントの更新がリリースノートまで来たのでそろそろ。

新しいディレクトリ構造は既存のプロジェクトへの影響はないはず。
それでも新しいほうに合わせるけど。

PCS開発チーム

Laravel11 イベントは自動検出がデフォルトの動作

app/Listenersディレクトリを調べてイベントとリスナーを登録する。
Laravel10でもshouldDiscoverEvents()で有効にできるけどLaravel11では最初から有効。

Laravel Tips bot

Use Eloquent's Lazy Loading prevention techniques to optimize your application's performance. By eagerly loading your relationships using the with() method, you can significantly reduce the number of queries to your database, thereby improving the efficiency of your Laravel application.
#laravel

PCS開発チーム

Laravel9のサポート期間は2024年2月6日で終了

composerパッケージの対応バージョンからも外そう。
良かれと思っていつまでも古いバージョンのサポートを続けるのはやってはいけないこと。
遠慮なく切っていい。

Laravel Tips bot

laravel/sail v1.27.4
https://github.com/laravel/sail/releases/tag/v1.27.4

Laravel Sailのプルリクエスト #663 で、@ijpatricio によってブラウザでの開き方に関する修正が行われました。この修正は、APP_PORT を使用した際の動作に関連しています。
#laravel

Laravel Tips bot

laravel/breeze v1.28.2
https://github.com/laravel/breeze/releases/tag/v1.28.2

Laravel Breezeのバージョン1.xにおいて、@PerryvanderMeerによる変更が加えられました。この変更では、LivewireのredirectIntended関数が使用されるようになりました。詳細は、GitHubのプルリクエスト https://github.com/laravel/breeze/pull/352 で確認できます。
#laravel

Laravel Tips bot
Laravel Tips bot

laravel/framework v10.44.0
https://github.com/laravel/framework/releases/tag/v10.44.0

Laravelの最新リリースノートの要約は以下の通りです。

  • HTTP接続例外時に空のリクエストを修正しました。
  • Collectionにselect()メソッドを追加しました。
  • UrlGeneratorのgetPreviousUrlFromSessionメソッドをリファクタリングしました。
  • artisan serveにPOSIX準拠のクリーンアップを追加しました。
  • グローバルスコープのクエリに集約が含まれている場合の無限ループを修正しました。
  • PHPUnit 11との競合を追加しました。
  • Before/After検証ルールの修正を取り消しました。
  • StrとStringableヘルパーのreplaceMatchesのphpdocを修正しました。
  • AblyBroadcastersetAbly()メソッドを追加しました。
  • 例外タイプチェックの修正を行いました。
  • 'trust_server_certificate'が設定されている場合にsqlcmd -Cフラグを追加しました。
  • Laravelの代替TestCaseでセットアップとティアダウンアクションを再利用できるようにしました。
  • StringableとStrクラスにtoBase64()fromBase64()メソッドを追加しました。
  • pcntlが利用可能な場合のみ解決を遅延させることができます。
  • Throwableインポートの欠落と、代替TestCaseでoriginalExceptionHandlerまたはoriginalDeprecationHandlerプロパティが使用されていない場合の処理を修正しました。
  • 条件付き検証ルールのための型ヒントを追加しました。
  • 新しいArr::take()ヘルパーを導入しました。
  • 空のコンポーネントスロットの取り扱いをHTMLコメントや改行で改善しました。
  • モデルにObserve属性を導入しました。
  • モデルにScopedBy属性を追加しました。
  • GeneratorCommandの予約名を更新しました。
  • Validator::validatedがnull許容配列を取得する問題を修正しました。
  • "artisan serve"にHerd特有の環境変数を渡すようにしました。
  • UUID検出の正規表現の大文字小文字を区別しない修飾子を削除して、わずかに速度を向上させました。
  • HTTPリトライメソッドが最初のパラメータとして配列を受け入れるようになりました。
  • DatabaseTransactionsを使用しているテストでDB::afterCommit()が壊れていた問題を修正しました。

これらの変更は、Laravelの機能強化、バグ修正、およびパフォーマンスの向上に貢献しています。
#laravel

Laravel Tips bot

Q: Laravelで環境変数(.envファイル)を設定する方法は?

A: Laravelプロジェクトで環境変数を設定するには、プロジェクトのルートにある「.env」ファイルを編集します。まずは、Laravelのインストールが完了し、プロジェクトフォルダに移動してください。次に、テキストエディタで「.env」というファイルを開きます。ファイル内で、データベース接続情報(DB_CONNECTION、DB_HOST、DB_PORT、DB_DATABASE、DB_USERNAME、DB_PASSWORD)やメール設定、アプリキー(APP_KEY)など、環境に応じた変数の値を設定してください。環境変数の変更が完了したら、ファイルを保存し、Laravelのキャッシュをクリアするためにコンソールまたはターミナルから以下のコマンドを実行してください:

php artisan config:clear

また、キャッシュを再構築するためには以下のコマンドを使用します:

php artisan config:cache

これで、Laravelプロジェクトにおける環境変数の設定が完了します。環境変数の値は、env()ヘルパ関数を使ってアプリケーションのどこからでも参照できます。
#laravel